2011年09月19日

ライフルハンターの究極の射撃。ボルトは自動より速い。

  ライフルハンターの究極の射撃。
ライフルハンターに取って究極の目標とは次の4つではなかろうかと思います。
1.大物の捕獲、2.複数射穫、3.遠射、4.ランニング射撃 の4つですが、
今回はランニング射撃をメインに説明します。

元々動物は動く物と言う字で現されている通り、止まっている事もあると言う程度です。
散弾銃はバラ弾をバラ撒くと言う事で動く標的にも当て易くなりました。そしてチョークの発明によって飛躍的に遠くまで適正散弾パターンを送る事が出来る様になりました。

しかしこの偉大な2つの発明の合作でも散弾の射程は50m以内、これを超えるとライフル銃の世界となりますが、ライフル銃は走っている鹿に対しては不可能とも言われております。
動物は動く物と書くのですから止まっている物しか撃てないライフル銃は大きな欠陥を持っている事になりますが、一方射程がたった50mではこれまた動く物が撃てるとは言え散弾銃も大きな欠陥を持っている事になります。

しかし今や私のライフルは150m前後の走る鹿をそれ程外しません。この150mと言う距離はサボットスラグの遠射限界であり、巷のベテランライフルハンターにとっても止まっている鹿に対して少し怪しげになり始める距離です。
普通に考えたら止まっているのに外れるかもの距離で走っていたら当たる筈がありません。


  走っている鹿に当てる。
映画では主役の銃は向けて撃つだけでパカスカ当りますが、あの様な事は可能なのでしょうか? 答えとして普通のベテラン程度では不可能ですが、優れた人がそれ用の特訓をした場合には可能だと思います。

ライフルの弾は3~4km飛びます。1km以上飛んでも十分過ぎる殺傷力が残っています。
走っている鹿にもその未来位置に正確に弾を送り込む事が出来れば十分に捕獲出来る可能性はある筈です。
そう思ってかなり出会いの技術が上がって来た鹿猟15年目の頃からランニング射撃にチャレンジしました。(スクールでは上級者しか連射チャレンジ出来ません)

1998年、筆者はランニング中の鹿に当て様と思い立ち、当初は連射に専念出来た方が良かろうとセミオートのH&KのSL7を選びました。そして色々考え且つイメージトレーニングを何年にも渡り行いました。
5年程(実猟約100日と2000~3000発)でそれなりの成果を得られランニングも100m程度までの鹿に平均5発程度で倒せるまでになりました。

当てる秘訣はと言いますと、一旦目標の中心を追尾し、その後に銃のスイングを加速し、目標を追い越した所で引き金を引きます。
この時の当てる為の絶対条件は銃のスイングを止めない事&目標を再確認しない事の二つです。

そして撃つ時は何も考えない、何も見ないで撃ちます。見て撃つと見ている映像はかなり古い物ですから過去の虚像を撃つ事になります。見て撃つ事は理論的に完全に間違っていますからこの手法では絶対に当てられません。
この特殊技術は一朝一夕に出来る事ではありませんが専門の特訓をクリアすれば誰にでも出来る様になります。

  ボルトアクションは自動銃より連射が速い。
今は精度と装填音のしない事を重視してボルトアクションのサコー75バーミンターを使っています。
サコー75は驚いた事に使い慣れてみるとセミオートのH&Kの時よりも速く連射出来るのです。

ライフル銃は撃つと反動で銃が跳ね上がり目標がサイトから消えてしまいます。
自動銃は肩に付けた状態で標的を探し直します。目標のあるべき下方向に銃を向け直し、目標をスコ-プに捕らえ直してから、再度追尾、次いでスイング加速に入ります。

ボルトアクションでは撃ったと同時に肩から銃を降ろして手動装填しながら再度肩に付け直しますが、目と体は目標を追尾しておりますので銃が肩に付いた時には目標が殆んどサイトの中央に捉えられており、微修正と加速スイングを同時に行いすぐに発射できるのです。

元々銃を構えると言う事は散弾銃もライフル銃もそれぞれのフォームになりますが、
発射直前のフォームから銃だけ出し入れをする感じが正解なのです。

つまり発射を決意した瞬間に体の各部は同時に最終姿勢に向かって最短距離を経由して射撃フォームに入ります。
一方で銃の側もそこに向かうのですが、これは最短距離ではなく銃身で目標を指差す様にして肩にまっすぐ引き入れます。

銃が肩に付く直前に撃ってもすでに銃はかなり正しい方向を向いていますから散弾銃もライフル銃も50m以内なら当たります。最終的には散弾銃もライフル銃もこと移動標的同士であれば撃ち方はそれほど変わりません。

結果的にはセミオート銃の時に比べてボルトアクション銃は時間的にも1.5~2倍位速く、それでいながら命中精度も2倍ほど位良くなりました。またH&Kでは100mのランニングまででしたが、サコーにしてからは150mも問題なく決められる様になりました。

2009年の記録から計算しますと55頭のランニング中の平均距離150mの鹿に対して捕獲までが平均2.7発でした。以前は100mを平均5発ですから著しい向上です。
そしてライフルのマガジンは5発ですからこれだけで日常的なダブル捕獲はもう完全に達成直前です。

その手の世界的な銃専門雑誌にもボルトアクションの連射はこうするのだと言う感じで肩に付けたままボルトを操作しておりますが、あれは完全に間違いです。
そのレポーターは少なくとも連射に関してだけは私より桁違いに技術レベルが低いと思います。

サコー75バーミンターとH&KのSL-7の集弾特性は後者のH&Kの方が僅かですが勝っています。
前者が17mm、後者が12mm、共に150mレストを使わないテーブル撃ち5発の結果です。
ところが実際に300mの遠射をしてみるとサコー75の方が圧倒的によく当たります。

座りが良いと言う感じでまだまだ未熟ですからバイタルゾーン直撃のクリーンキルとまでは行きませんが、サコーにしてからは300mをあまり外さなくなりました。夢であった300mの遠射も達成直前まで来ております。

今までのサコーのお陰で5発5中のランニング射撃は3回決める事が出来ましたが、2011年度からは前半猟期はオスも捕獲制限が無くなりました。現在の夢は何時か80cm級超大物の群れの5発5中をやってみたいと思っています。

オリンピックで金メダルを取ろうとしたらその世界ランキングのコーチが不可欠である様に、高い技術レベルを目指すのであればそれに応じたレベルの高い集団に属するか良い師に付かなければなりません。

300mの遠射、200mのランニング射撃、ショットガンの秒速3発の超速射射撃、どの項目も情熱があれば技術が育ち、技術があれば当てられるのです。(良い師も必要です。)

あなたもこれを目指してチャレンジしてみませんか? 
まずは第1歩が必要です。読者諸氏の第1歩の踏み出しを私リトルケンは待っております。


  


Posted by little-ken  at 17:21射撃&銃&弾

2011年09月08日

今度はライフル射撃に行って来ました。

久しぶりに射撃に行って来ました。
先日はクレー射撃のトラップでしたが、本日は150mのライフル射撃です。

私の愛銃はサコー75バーミンター改の308、運用を開始して6年、北海道、ナミビア、ニュージーランドを合わせると合計で500頭以上を倒したて愛銃です。
撃った弾数は推定で1500発位かと思います。


本日のメニューは150mテーブル撃ち、私は実戦派ですからレストは使いません。
弾はその方面のうるさ型に言わせるとボロクソ評価のロシア製の80円/発の安売りの弾、スコープはリューポルドの3~9 x 40の安物、3万円少々だったと記憶しています。

スコープの倍率は6倍です。狩猟時も初期には4倍で運用していましたが徐々に倍率は高くなり最近は6倍で何時もやっています。これで至近距離の止め矢にも特に不自由はありません。
10mで鉢合わせたヒグマもスナップショット1発でトンコロでした。

オレンジの直径は155mmです。安い弾の割には比較的よくまとまり、150mで4発が27mm、1発飛んでいますのでこれをいれると101mm、もう1枚は15発撃って145mmでした。

ロシアの肩を持つのでは決してありませんが、この巷でボロクソ評価の弾も結構実用精度を持っています。弾頭だけアメリカ製の普及品に変えるともう少しまとまりが良くなります。


         150mテーブル撃ちで4発が27mm、5発で101mm。


         同15発撃ち145mm、概ね全弾が150mmに入ると言えそうです。
         本番でもこれ位に弾がいつもまとまってくれると良いのですが。  


Posted by little-ken  at 16:43射撃&銃&弾

2011年09月05日

高齢に伴う技量低下に思う事。

昨日は我が猟友会の親善射撃大会
まだ台風12号の影響がかなりある中で雨も風も半端でありません。

特に風の影響は大きくクレーの飛び方はダルビッシュの変化球よりも遥かに凄いキレ、ジグザグ飛行やアップダウン飛行等々の気まぐれ飛行に翻弄され誰もが低調なスコアに終わりました。
ルールは猟友会ローカルルール15個撃ち、クレーの速度は国際ルール並みです。

面白いルールとしては本来ノーバードに当たる出割れや変則クレーに対して当たれば命中が認められ失中すれば打ち直しになる特設ルールがある事です。
これはクレー放出機が古く出割れが多い為に設けられたの特別ルールです。

もう一つの特別ルールは9月4日ですから9フレームと4フレームのクレーに命中するティッシュペーパー1箱が貰える事です。

結果は27名中の第3位、商品は缶ビール12本、スコアは15個打ちの天候不良の絶不調とは言え
10・11・11、これで3位ですから猟友会のレベルも落ちた物です。

15年程前のまだ私のショットガンの腕が絶好調であった頃、64個連続命中を出せた日がありましたが、それでも優勝ではなく2位でした。


駆除事業の安全性
時代と共に同年代(61歳)や少し上の先輩方々の腕の低下や判断能力の遅れ(これが事故が多い原因)等々を見て来ますと趣味のクレー射撃は何歳でも構いませんが、公的事業である駆除と言う事になりますと安全面から直感的に65歳が限界かなと思います。
安全面を重視し険しい山野で十分動きまわると言う事を考えますと限界は55歳が適正かとも思えます。

実働限界の65歳位までは収入を確保する上で働かなくてはなりませんから駆除にはあまり参加出来ません。ハンター全体の減少も問題ですが、労働者の置かれる環境も厳しく戦力になる年代は駆除に参加出来ない、駆除に参加出来るのは戦力外の年代だけと言う大きな問題があります。

そしてその結果はあまり上がらない成果の割に事故が多いのが昨今の現状ですから駆除はもはや行政が行う以外にはないと思います。
ただ現状の公務員では職場に朝8時に集合して現場まで移動、夕方も15時に終わって17時の職場に戻る、又それにプラスしてことなかれ主義の体質では70~80歳の高齢戦力外趣味ハンターのレベルに比べて遥かに至らない成果になる事は必須です。


白糠の夜明け作戦
北海道の白糠で行われた自衛隊&行政&戦力外ハンター各々30%前後からなる合計120人混成の駆除大部隊の結果もそれを証明しております。

ヘリや車両を多数使用した混成無能120人体制の初日は捕獲ゼロ頭、2日目は少し作戦を変えて3頭でした。
私も多分大きな成果は上げられないだろうと思っていましたが、予想をはるかに上回り全くの無能ぶりを見事なまでに証明してしまいました。

3日目は鹿が動く天候不良の前日に当たった事と変更した作戦が功をなしたのか25頭捕獲でした。
(私は自らの経験から作戦変更による成果は5頭程度であり、殆んど天候のおかげと思っています。)

私1人で行ったこの3年の狩猟期間中の平均値と比べて頂ければ歴然でしょう。
1日当たりの平均捕獲頭数:2.76頭。(平均出猟日数:44.7日、平均捕獲数123.3頭)

これに対して混成隊は360人-日で28頭ですから [ 2.76頭:0.078頭 = 35.5倍 ]、
仮に連日25頭捕獲 があったとしましても [ 2.76頭:0.21頭 = 13.2倍 ] 、
決してトップクラスではない私如きとの比率ですら圧倒的な結果になるのですから卓越した腕前のプロを育てる事の重要性をお分かり頂けると思います。

また駆除に関しましても高齢化のよるメンバーメンバー不足と技量低下のダブルパンチ等の原因から頭打ちないしジリ貧に陥っている地元猟友会(アマチュアでしかも戦力外集団)による駆除に多額の予算を使うよりも、未熟ではありますが同じ予算を我がスクールに頂き、無料招待生徒(20~50歳)に撃たせた方が将来的には発展性がございます。
  


Posted by little-ken  at 15:03射撃&銃&弾

2008年08月25日

フリンチング射手が2日目に12mmを出しました。

さて皆様のスラグ&ライフル銃は当たりますでしょうか? 中々当たらないのが現状です。

実戦で50mのシカに急所は直径300mm、実戦倍数3 (5~10回位のシカとの出会いの経験が必要)にしても50mで最低必要射撃精度は100mmです。

私の場合ですとこれに達するのに6年掛かりました。更に100mのシカに当てられる様にするには50mで50mmですがこれに達するには更に5年程のトータル11年掛かりました。ワンホール達成まではトータル18年でした。

沖縄から来たフリンチングに悩む50mで400mmのR生徒に対して今度開発したばかりの新理論で射撃講習を行ったところ、講師の私も驚いたのですが、フリンチングが解決した途端に4発ワンホールの12mmを記録してしまいました。

しかもレスト無しのテーブル撃ちです。この当てる秘訣は講師独自の考えですから全員に有効であるかは疑問ですが、ぜひ1度お試し下さい。

1.沖縄よりR生徒射撃スクール受講。
沖縄から来たR生徒は36歳、過去3年間で20日出猟、バックショットでシカとイノシシに合計5回発砲するも撃墜はゼロ、撃墜は鳥のみの数羽、スキートは60%程度の命中率、スラグは数十発と言った実戦も射撃も経験量があまり多くないハンターです。(沖縄には射撃場が無いのも原因です。)

今まで普通の鳥撃ち自動銃で数回スラグを撃ちましたが50mで30~50cmと標準的なフリンチング射手でした。エゾシカ猟に向けて今回初めて本格的なスラグ銃を購入しました。

そこで本人のたっての希望で特別コーチを行い、新しい私の考えである「命中させる秘訣」は「持たず 握らず 当てず 引かず」を指導しました。今回のサベージ210F(12ゲージのボルト式)は入手後の初射撃でした。彼に取っても本格的なスラグは初めてです。

強力な12ゲージのレミントン弾は今回もR生徒をフリンチングに陥れ、初めて間もなく連続3発が600mmもある150m用のライフル的紙の端ギリギリだったり、その後も的紙にすら当たらない弾も何発か出ました。ここまではよくある普通の射手の普通の射撃結果ですが、後半の射撃では講師の射撃理論と指導が良かったのかフリンチングを押さえ込みに成功しました。


2.サベージ210Fの初回射撃結果。
結果は安定してからの比較的初期に反動のやや軽いフェデラルで出した50mのテーブル撃ち5発が54mm、これだけでも十分講習を行った甲斐があったのですが、まだまだこれに留まりませんでした。

最後の方にはあのビビリまくった強力なレミントンカッパーサボットでも何とワンホール崩れの41.5mmが出ました。(次頁左写真) レミントンは本番にも使用予定の弾ですが、初射撃で良くぞここまで出せたと思います。(下馬評ではサベージとの相性が良いとの事です。)


指導が良いのか理論は良いのか、はたまた射手が良いのか、とにかく予想を上回る結果でした。命中させる秘訣の「 持たず 握らず 当てず 引かず」が精度的にもまたフリンチングの即効効果に対してもかなり有効で有る事が照明出来て講師は非常に満足です。

近年の銃と弾は基本的にはライフルでもスラグでも100mでワンホールが出る位に当たるのですが、射手が余計な力を加えて撃つのでわざわざ当たらなくしているのです。なるべく余計な事をせずに銃だけで発射させる事と同じ様にすれば当たるのです。

           
3.2日目の射撃で4発が完全ワンホールの12mm。
何年か後にはR生徒も本格的なワンホールが出せるだろうと思っておりましたが、これを書いている最中の翌日早々に驚きを超えてビックラする事件が起きました

何と中心からは102mmズレてはおりますが、4発は完璧なワンホールで12mm、30mmほど左下にズレたミスショットのもう1発も入れても何と33.5mmです。スラグの場合の普通はこれの2~3倍までならズレても通常はミスショットとは言いません。
10年選手でもこれが出せる人はかなり少ないと思います。このデータからすると本銃だけかも知れませんが、サベージの限界は12mmに訂正です。

 

 リトルケンハンティングスクールではこの様にスクールの本番の効率を高める為に射撃ツアーや事前講習会も行なっております。

使用射場は愛知県総合射撃場、土日は射撃場が混むのと仕事の関係上で月曜日と木曜日に、又このボランティア指導の対象はハンティングスクールの生徒に限らさせて頂きます。

費用は私の分を含む実費のみ、日当は不要です。当方の車を使用すれば車代実費が掛かります。愛知県総合射撃場は装弾の販売をしておりませんから弾の持参が必要です。遠方の方は講師の敷地にて無料キャンプも可能です。

スラグ銃&ライフル銃はこの様に上手くやれば僅か数日で当たる様になります。
R生徒の様にフリンチングに悩んでいた生徒もたった1日で大きな効果を出せ、2日目には驚異的な片鱗を出せました。フリンチング対策に魔法は無いと思っていましたがあったのです。

これから始める方、最初が肝心です。今が当たらない方、早く受講されたら如何ですか? 絶対に効果があるとは断言出来ませんが、相当な効果があると思います。
ハンティイングスクール以外の方も有料で指導出来ます。
  


Posted by little-ken  at 16:37Comments(2)射撃&銃&弾

2008年07月13日

サコー75改スイングスペシャル。

  1.改造計画。
オリジナルのフロントヘビー及び全重量を軽減させ、照準時の座りの良い銃、更には車内でのハンドリング性の向上を目指して思い切ってカットしました。銃身長は55mmの短縮、ストックは15mmカット、先台側も重量減の目的で長さ50mm短縮しました。


写真:サコー75改スイングスペシャル。

  2.運用結果。
この改造により全長は112cmから105cmになり、重量は約0.5kg軽量化され。重心点は約10cm後方に移りスコープのフロントマウントより少し後方になりました。
結果ハンドリングは予想通りに抜群になりました。又照準時の座りもかなり安定し狙い易くなった様に思えます。
スナップ製も改善しバランスが良くなったせいかやや反動が軽くなりました。

07年1シーズンの実戦運用の結果は劇的でした。改造前と同程度の捕獲100頭余に対し、消費弾数は半分以下にまで減少しました。これはランニングがよく当たった為です。従来5発以上を必要とした150m級のランニング射撃が2~3発程度まで向上しました。 腕が良くなった部分も否定しませんが(本当はここが強調したかったカモ)、しかし残念ながら腕よりも道具のせいではないかと思います。250m級の静止射撃に対してもやや命中率が向上したと思います。

その結果は良好でした。ウィンチェスター308FMJ147gr、150mテーブル撃ち5発で18mmを記録出来ました。右端に飛んだ1発はミスショット、縦長の少し離れた上の1発はややミスショット的でしたから上手く行けばもう少しマシなデータが得られるかも知れません。


写真:ウィンチェスター308FMJ47gr、150mテーブル撃ち5発18mm。

  


Posted by little-ken  at 14:45Comments(0)射撃&銃&弾

2008年07月13日

万能ショットガンSKB1900改スイングマスター。

1.最高の動バランスの30インチフルチョークとハンドリング製抜群の21インチフルチョークの大物銃。
私は長い間SKBの30インチフルチョークのセミオート(通称ガスオート)を使っておりました。軽合金期間部の軽さと長い銃身が静的&同バランスが優れていたからです。
ところがこの銃もカモ撃ちやハト撃ちの広いフィールでは最高なのですが、森の中のシカ撃ちにはその122cmある長さが大問題となりました。

そこで作ったのがレミントン11-87で銃の全長は108cmでリブバレルの素早い指向性で照準しフルチョーク&バックショットで遠射すると言う作戦です。この銃に付きましてはショットガン編の7-4「本州大物巻き狩り用ベストガン」で詳しく述べておりますが、予想通りの成果を出せました。この銃で10頭余を撃墜しましたが、超近射2mから遠射50mまで失中はゼロ、命中後も最大50mで倒れ、非常に満足の行く結果でした。

2.鳥撃ちと兼用出来る銃にしたい。24インチのSKBオート。
短銃身の11-87は大物巻き狩りでは非常に満足の行く銃でしたが、スイングが重要となるカモやハト撃ちには必ずしも満足は行きません。短銃身だから弾速が出ずに特に非力と言う事は感じませんが、銃身が短か過ぎるのとレシーバーが重過ぎて動バランスが悪く失中や半矢が多かったのです。そこで更に高い万能性と命中率を求めて次に作品を作りました。

ベースは同じSKBです。バレルを24インチのインナーチョーク式としました。特にインナー交換チョークが目的ではなく、レシーバーがアルミである事と組み合わせて銃身を先重にしたかったのです。レミントンのバレルはストレートでしたが、SKBのバレルはチョーク付近の肉厚を増しておりこれも先重に好都合でした。結果バレルは30インチフルチョークに比べて100g強軽くなり、スイングバランスも良好な30インチとほぼ近い状態になりました。実際トラップを撃ってみてもほぼ同等の命中率が出せました。

3.更なる改良。(SKB1900改スイングマスターの誕生)
しかし24インチノーマルはスナップショット時に目標に素早く向けた時の銃口の志向がやや安定しません。又発射時の跳ね上がりもやや大きく次弾の志向性にも問題がありました。

そこでフロントにバランサー錘を付けました。本当は銃口に付けると効果が大きいのですが、取り付ける適当な方法がありませんので先台を止めるネジ部品を大きくし、その中に鉛を入れた物を自作しました。試行錯誤の末約150g増の時にバランスが良くなりました。これでスナップ時や連射時の指向性が大幅に向上し、カモのダブルやトリプル撃ちが容易になりました。完成した

本銃にはSKB1900改スイングマスターと名を付けました。
全長は約112cmとレミントン11-87の21インチバレルの時に比べて40mm程長くなりましたが、森の中でも余り支障は無さそうです。使用チョークはもちろんフルチョークのみを使っております。

ヒグマの半矢捜索にはブッシュの影から突然反撃の可能性がありますので絶対に本銃&バックショットを持って行こうと思っております。
普通のスラグ初心者がエゾシカを捕獲しようとするなら絶対にフルチョーク&バックショットの方が圧勝です。24インチSKBはその意味でも最強です。本銃はそのまま美味しい鳥である蝦夷雷鳥猟やマガモ猟に使えるのも魅力です。


写真:フロントバランサー取り付けたSKB1900改スイングマスター。

  4.SKB1900改スイングマスター実戦記録。
08年初夏に我地方の有害鳥駆除が行なわれ、参加人員は11名、全体ではカモ51、カラス23、ムクドリ8でした。我スイングマスターはこの中からカモ18、カラス6、ムクドリ8を撃墜しました。カモ全体の35%、ムクドリの100%、全種合計では39%、32羽がたった1丁のSKB1900改スイングマスターから上げられました。

また32羽の撃墜の内訳もダブルが6回、トリプルが2回とスイング性能、連射性能は抜群でした。遠射性能に付きましては先のダブルやトリプルとカウントはダブりますが、10数回が遠射でありこちらの性能も抜群でありました。
カルガモに対して7.5号の有効限界はインプで約40mがフルで約50m、僅か20%の差の様に見えますが実際の多くは30mから射撃が始りますので2倍以上有効に撃てる感じがします。


写真:SKB1900改スイングマスターとカルガモ群。


写真:全体スコアは82羽/11名。
  


Posted by little-ken  at 14:39Comments(0)射撃&銃&弾