2011年12月23日

2011.12. 根室クリスマス猟

12月14日:4チャンスから73cm他で2頭捕獲。新雪のおかげです。
本日の出会い4回は全て70cm級オスの群れでした。しかしその内の2回は逃げ足が速く発砲に至れません。本日は根室白崎牧場会員のS氏も一緒です。
PMは我々の専用猟場であるモンゴル丘、そこはこの様な新雪時にしばしば伝説級の出来事が起こる猟場です。

150mで大物オス3頭が飛び出しました。1番大きな先頭に狙いを合わせます。2発で倒れました。起き上がりそうでもう1発止めを撃ちます。これは片角の折れた73cmでした。

                       片角の73cm。 

夕方が下の写真の群れでした。300mですから大丈夫と思いまずは写真、次いで本射と思って銃を向けると走り始めました。もちろん追跡します。
森に入りましたが行き先は800mの先の沢と見てそこに車を向けます。しかしあまり早く着き過ぎますと群れは向きの変えてしまう為に見えていない群れの進行を予測しながら速度を調整します。

そして現場到着と同時に群れが飛び出しました。希望タイミングより2秒程の到着遅れでした。先頭に良い大物がいますがやや不利な条件でしたので今飛び出した直後の目前の鹿を狙います。距離は200m弱、例によってスイング射法です。
撃ちました。良い音がして1発で倒れましたが、腰砕けでした。リードが不足した様です。

             これぞ根室名物、紋別では絶対に見られない光景です。

これの回収時に愛車のステアリングダンパーに切り株をヒットさせてしまい、操縦困難となってしまいました。早速デーラーに持ち込みます。全治2日との事ですが明日から2日間は出猟出来ません。


12月15日:1チャンスのみ、捕獲ゼロ。
牧場の好意で2WDの車を借りる事が出来ましたが、思った猟場には行けません。
AMは大物オス4頭群れに出会えましたが4WDではなく追跡できず見送りです。
PMは良い出会いが得られませんでした。新雪は少なく効果はもう無くなったみたいです。


12月16日:2チャンスだけでしたが77cm捕獲
85cm位の超大物が民家のそばに居ます。しかしそこは狩猟否定派の家、だから居るのですが、見送る以外にありません。これ以外の良い出会いはありませんでした。

PMは愛車が復活しました。しかし超快晴で狩猟に対してはあまり芳しくありません。
3:30頃、居ました。80cm級が500m先に2頭います。出来れば150m以内まで近よりたい所ですが200m強で撃つ事にします。
最近ではこの200mでもじっくり狙っていると時間不足で動かれてしまいます。

発射、良い命中音が帰って来ます。倒れるかに見えましたが倒れません。ヨロヨロ走り始めました。更にランニングで2発、全弾命中、やっと倒れました。

                    80cmには3cm足りず77cmでした。


12月17日:4チャンスから2頭、79cm捕獲
超快晴、良い出会いが無いままAMが終わるかと思いましたが、8:30頃に80cm級3頭の群れを200mに発見しました。逆光でどれがデカイのか判りませんので真ん中の奴を撃ちました。この辺がショルダーポイントだろうとボケボケのシルエットを撃ちました。
結果は良い命中音でその場にひっくり返り計測すると超大物基準に1cm不足の79cmでした。本年はこの79cmと言うのが何故か多い様でこれで4頭目になります。

夕方、メス10頭を連れたボスに出会いましたがアプローチ出来ませんでした。その後もう1頭を捕獲出来ました。

                    本年4頭目となった79cm。

12月18日:ダブル災難。
AMには浜中方面に出猟、70cm級16頭の群れに出会いました。しかし出会った時にはもう200m先を走っており、これにランニングショットを掛けましたが失中でした。
次に林道コース、ピン角にしては長い50cm近いサイズが200m先の木の間にいます。隙間が僅かしか無く狙っていると結局動かれ発砲しましたが結果は余り定かではありません。

現場に行くと血痕が僅かにあります。やがて薄くなり見失いかけましたが、凍った川を渡っています。
鹿が渡ったのだから私が載っても大丈夫だろうと氷に乗りました。
乗った時点では大丈夫でしたが、そこで滑って転んでしまいました。そして氷は割れ私はずぶ濡れ、冷たいないなんてモノではありません。猛烈な刺す様な痛みです。急いで車に戻りヒーター全開、凍死はまぬがれました。

とんだ災難でしたが、災難はまだそれだけでは終わりませんでした。今の発砲でやや音が甲高かったと思いましたらもうボルトが動きません。異常燃焼で薬きょうが焼き付いてしまいました。銃砲店にコンタクトを取りますが送ってくれれば何とか努力して見ますが、やってみないと何とも言えないとの事です。
早速発送しました。

12月19日;出猟せず。
丸腰では何ともなりません。

12月20日:銃がやっと届きました。原因は銃口内異物との事です。
銃は本日到着予定です。夕方の猟に間に合うか? 結果は間に合いませんでした。
それでも銃は夕刻直前には届きました。明日に期待を掛けます。

それにしても今年のクリスマス猟は何とツイていない年なのでしょう。
ランクルが壊れて1.5日がパーになりました。更に銃が壊れて2.5日がパー。出会いの数は例年の半分、そして川でずぶ濡れ、紋別スクールの11月は例年になくツイていましたからその逆が来たのでしょう。

12月21日:2チャンスから81cm捕獲。
12月クリスマス猟も本年はあまりぱっとしないままで本日が最後となってしまいました。
天候は超快晴、AMは出会い無しでした。

PMは15時頃2km先に大物オスを含む4頭が出ていまいた。射撃時は250m級のランニングになってしまいました。結果は失中に終わりました。

夕方もうダメかと思った頃、大物ボス以下カニ角1頭とメス3頭と言う珍しい組み合わせに出会いました。群れにピン角が混じる事はありますがカニ角以上が混じる事は少ないからです。この時期になりますと繁殖期のハーレムはすでに解体し、オスはオスだけの群れになる事が多くなります。

そしてこの中にはピン角が居る事は少ないのですがカニ角以上から超大物80cmくらいまで混在する事も多くあります。もう一つのパターンは超大物やそれの準ずる大物だけの群れになる事もしばしばあります。多分推測ですが体力の揃った者で群れになる場合もあると言う気がします。

さてボスは距離約250m、その手前にメスが重なり撃ち辛い場面になってします。
結果は上手くメスに当たらずオスのショルダーポイントに命中してくれました。問題は最後のこの鹿の処理です。明日は早朝に立たなくてはなりません。幸いな事にこの問題の解決策はすぐに見付かりました。すれ違ったトラックの方が貰い受けて下さったのです。


              太角の81cm、有終の美を飾る事が出来ました。


クリスマス猟のまとめ:5.5日、15チャンス、77cm、79cm、81cm捕獲。
実猟は5.5日ですが、15チャンスから5頭の捕獲となりました。数々のトラブルに見舞われましたが、幸いな事に少しですが新雪があり、根室らしい群れを何回かは見る事が出来、それらの中から77cm、79cm、81cmと大物以上が3頭獲れた事だけはハッピーでした。

シャクな事に22日は多少の新雪が期待でき、本来のクリスマス猟になりそうな雰囲気です。


              早朝の道路を横断する大物エゾ鹿6頭の群れ。





         2012年1月以降の全てのスクールは都合で中止になりました。
                        







同じカテゴリー(スクールの記録)の記事画像
ハンティングスクール番外編
2011年度 紋別解禁猟 まとめ-2
第6組 U生徒
講師編-4
第5組S生徒、そしてムービングスタート射撃のお話。
第4組K生徒
同じカテゴリー(スクールの記録)の記事
 ハンティングスクール番外編 (2011-12-03 18:03)
 2011年度 紋別解禁猟 まとめ-2 (2011-12-01 16:39)
 紋別解禁猟1カ月のまとめ。 (2011-11-28 17:02)
 第6組 U生徒 (2011-11-25 12:26)
 講師編-4 (2011-11-20 21:46)
 第5組S生徒、そしてムービングスタート射撃のお話。 (2011-11-18 20:55)

Posted by little-ken  at 17:08 │スクールの記録